滋賀県内で活動する団体に、コープしがが活動資金を助成します。

できるコトづくり制度

滋賀県内で活動する団体に、コープしがが活動資金を助成します。

2020年度 活動助成

活動を広げていくために新しいことにチャレンジしたい!
資金があればこんなことをしたいと考えていた!

助成金の目的

くらしの中の、さまざまな「想い」や「願い」を実現するために、団体・グループに対して活動に必要な「資金助成」を行います。仲間と手を取り合い、様々な社会課題にチャレンジしましょう。

対象団体・グループ

コープしが組合員をメンバーに含む団体・グループ、NPO、自治会などの非営利組織。
規約等を持ち、活動実績が1年以上

支援内容・支援規模

  • 補助上限額
  • 300,000円
  • 助成率
  • 自己資金がなくても応募可能(活動の規模により自己資金を組み入れることは可)

活動助成期間

2020年4月1日~2021年3月20日

継続可能年数

1事業3年まで

対象となる経費

謝礼金、旅費・交通費、会議費、印刷費、消耗品費、通信費、保険料、委託費、備品費、人件費、事務費(間接経費)
*備品費・人件費・事務費の合計額は助成額の30%以内
*会議等の食費は対象外

対象となる経費の例

◇謝礼金・・・・・・・・講師や専門家への謝礼など
◇旅費・交通費・・・・・交通費、宿泊費など(食費、日当は対象外)
◇会議費・・・・・・・・会議室利用料、会議に要する経費(食事は不可、お茶は可)
◇印刷費・・・・・・・・チラシや資料、報告書等の印刷にかかる費用
◇消耗品費・・・・・・・材料や事務用品、書籍などの購入費
◇通信費・・・・・・・・郵送料、宅配便料など
◇保険料・・・・・・・・活動に必要な保険料など
◇委託費・・・・・・・・印刷デザイン、託児など専門的なことを外部に依頼する費用
◇備品費・・・・・・・・活動に関わる用具・器具の購入費
◇人件費・・・・・・・・団体・グループ内スタッフの人件費(応募活動に限る)
◇事務費(間接経費)・・事務所賃借料、光熱水費、駐車場借上げ料など

*食費は対象外ですが、「調理をすること」や「食材」などが活動の根幹に関わり、それがなくては成り立たない場合は対象となります。事前にご相談ください。
*備品で汎用性が高いものについては、ご相談ください。
*応募活動以外の活動がある団体・グループの「事務費(間接経費)」は費用で按分してください。
例)総活動費 40万円のうちこの助成金が10万円の場合
→事務所賃借料、光熱水費、駐車場借上げ料などを1/4で費用とする

募集期間

  • 公募開始
  • 2019年12月2日
  • 締 切
  • 2020年1月20日〔当日消印有効〕

説明会・相談会を開催します!
ぜひご参加ください。要申込です。
 
日程は、2019年11月16日(土)、11月17日(日)、11月21日(木)、12月22日(日)です。
 
<説明会>
  ・助成金の趣旨や審査基準、応募書類の書き方のポイントや注意などについて説明します。
  ・参加いただいたみなさまに同じ内容でお伝えします。質疑応答の時間もあります。
<相談会>
  ・個別にスタッフが1対1で対応いたします。1団体30分程度です。
  ・日時の希望は先着順とします。受付の連絡をしますので、ご確認ください。
<詳しくは>
  ・▼こちらをご覧ください。 オンラインのお申込みフォームもあります
  ・事務局へのお問合せも受け付けています。

応募方法

必要書類を準備して、受付期間内(2020年1月20日※当日消印有効)に提出してください。
様式とチェックシートは▼こちらからダウンロードできます。
 
 ①応募書(様式B1号)
 ②活動計画書(様式B2号)   
 ③活動予算書(様式B3号)   
  ①②③原本1部+コピー1部の計2部
 ※ホチキスどめはせずクリップでとめてください

 ④定款、規約、会則など 1部 
 ⑤直近の事業報告書と決算報告書 各1部 
 ⑥チェックシート 1部 

 *封筒の表面に「できるコトづくり制度 助成金」と記入してください。
 *配達記録が残る方法(簡易書留やレターパックなど)で郵送してください。
 *送り先は、運営事務局:しがNPOセンターです。
  〒523-0893近江八幡市桜宮町207-3 K&Sビル3F  

審査方法

 審査員の前で行う公開プレゼンテーションに参加してください。
 ただし応募多数の場合は、公開プレゼンテーションに進むための事前選考(書類審査)を行います。
 詳しいことは、応募書類受付後に連絡します。
 
   日時:2020年3月6日(金) 
   会場:コープしが野洲本部(滋賀県野洲市冨波甲972)
 
*助成する団体・グループは『はじめて助成』『活動助成』ともに、 審査のうえ決定します。

審査基準

①適確性・・・・・・・・活動が助成金の趣旨「5つのたいせつ」に合致していること
②必要性・・・・・・・・地域の課題と活動内容が一致していること
③継続性・・・・・・・・今後も滋賀県内で活動の継続が見込めること
④現実性・・・・・・・・スケジュールが具体的で実現可能な計画であること
⑤収支の妥当性・・・・・収支計画が具体的かつ妥当であること

中間報告会

プレゼンテーション

最終報告会

プレゼンテーション

最終報告書

様式に沿って提出
領収書のコピー

申請関連書類ダウンロード

お問い合わせ先

助成金お問い合わせ先&お問い合わせフォーム